株式会社中村燃料商店

明日の生活を考える、クリーンなエネルギーの供給を通してより快適な暮らしを応援します。

エネルギー&ホームシステム ナカムラ見積もり依頼カタログ請求お問合せ

LPガス料金のご案内

LPガス標準料金計算方法(一般戸建て家庭用)


【基本料金】
LPガスを使用される際に必要な設備(LPガス容器、ガスメーターなど)の費用や安全にLPガスをご使用いただくための保安維持管理費用をいいます。 LPガスを使用されなくても、毎月定額でお支払いいただく料金です。

【従量料金】
使用量別の料金は下表を参考にしてください

LPガス料金(平成31年4月検針分より)

(価格は税別です)

1,900円
〜5m3 5〜10m3 10〜15m3 15〜20m3 20〜30m3 30〜40m3 40〜50m3 50m3
630円/m3 600円/m3 540円/m3 500円/m3 425円/m3 385円/m3 345円/m3 325円/m3

ご使用状況に応じてお得な料金プランをご用意しております。お気軽にご相談ください。

料金例

例:標準家庭での1か月あたりのガス料金(6.3m3/月)

ガスの魅力

ガスとIH

ガスとIH(電磁調理器)、どちらがお勧め?料理の基本中の基本といえる火。ご家庭や厨房での料理は主にガスもしくはIH(電磁調理器)のどちらかをお使いかと思います。
この両者はどのような違いがあるのでしょうか。一般的な機種で比較してみました。


IH(電磁調理器) ガスコンロ
加熱の仕組み 鉄などの金属鍋をヒーターの上に置いて、磁力で鍋を温めて調理します。鍋が密着していることが条件です。 ガスは直火だから調理も自由自在です。中華料理は得意中の得意。鍋返しなど、どんな料理もOK.
最大火力
(有効熱量)
電気2kw相当のカロリーは1,720kcal、有効熱量は1,290kcal(効率75%)の出力が精一杯です。 ガスの火力は4,000kcal、有効熱量は2,000kcal(効率50%)の強力パワーです。
火力調整 火力表示を見ながら調整できますが、火加減がわかりにくく応答が遅くなります。 幅広く調整でき、瞬時に応答。炎の応答を見ながら火力調節できます。
調理器具 使用できる鍋と使用出来ない鍋があります。専用鍋は比較的高価で重いです。 全ての鍋が使用できます。
同時使用 3個のヒーター同時使用は火力が落ちます。小ヒーターとロースターは同時使用できません。 全てのコンロとグリルが同時に使えます。

ガスで作った料理はおいしい!

「料理はガスで作ったほうが美味しくできる」という話を聞いたことはないでしょうか?
「調理中に炎が目に見えるというイメージだけの話じゃない?」とお思いかもしれませんが、おいしさにはちゃんと理由があるのです。

IHでは鍋は天板に接している底の部分しか熱くなりません。一方、ガスコンロでは炎が鍋底と側面を包み込むように加熱するため、外側から内側に向けて速く大きな対流を発生させ、味がしっかり染み込みます。また、鍋底全体が短時間で均一に高温になるので、食材がもつ水分が必要以上に失われず、炒め油の吸収も抑えられます。火から遠ざけたり近づけたり、前後にあおって使えるのもIHとの大きな違いです。

ガスで作った料理はおいしい!


IH(電磁調理器) ガスコンロ
煮物 熱が鍋底からしか伝わらず、水分の少ない煮物は、煮えムラ味ムラができやすくなります。 鍋全体が加熱され、具の多い食材も煮えムラがありません。
炒め物 鍋底の部分的温度差が大きく焼きムラが出易いです。鍋振りが出来ません。  鍋底の温度差が少なくムラが出にくいです。鍋振り等も全て制限ありません。
焼物 最大火力1,247kcalで片面ずつ、じっくりジワジワ焼く感じです。 最大火力2,200〜2,850kcalで両面同時にカリッとおいしく焼き上げます。

電気温水器とガス給湯器

続いて電気温水器とガス給湯器の比較をしてみます。
お湯を沸かす点においても、ガスの方がメリットが多いことがお分かりいただけるのではないでしょうか。


電気温水器 ガス給湯器
加熱の仕組み 安い深夜電力を使って、沸かして貯めておきます。 使いたいときに、使う分だけ沸かします。
飲料水 貯湯タンク式ですから水アカや湯アカがたまり飲めません。半年に1回以上、タンク内の清掃が必要です。 新鮮な水を沸かしますから、飲んでも大丈夫。いつも清潔なお湯が使えます。
経済性 使わなくても毎日沸かすから、お湯が無駄になることもあります。
お湯が無くなれば、高い昼間の電気料金で沸かすこともあります。
使う分だけ沸かすから、無駄がありません。さらに、使用量が多くなると、より経済的になります。
湯量 一度にたくさん使うと湯切れの心配があります。 瞬間的に沸かすからいつもたっぷり。湯切れの心配がありません。
設置スペース タンクを据付けますから、広い場所が必要です。 コンパクトサイズですから、省スペース。場所をとりません。

新しくガスを導入・切り替えをお考えの方

▲ページTOPに戻る